ゴールデンエイジスポーツ強化事業

ソフトテニス

ソフトテニスは、ネットをはさんで相手と向かい合い、ラケットを使ってボールを打ち合って得点を競います。自分のコートに飛んできたボールをノーバウンド(コートに一度も着かない状態)か、ワンバウンド(コートに一度だけ着いた状態)で返します。試合はダブルスとシングルスがあり、対戦方法としては個人戦と団体戦があります。ダブルスの魅力は、ラリー(ボールの打ち合い)が続くことと、2人のプレーヤーのコンビネーションの妙技にあります。

教室内容

(1)ラダートレーニング
ラダーとは「ハシゴ」という意味で、このハシゴ状のトレーニング器具を地面に置き、そのマスのひとつひとつをステップしていくトレーニングです。
これは、スポーツ時において、プレーヤーが自分の意志で動きをコントロールできる場面が少ないからです。特に、調整力を高めるのに役立てます。
(2)ワンバウンドテニス
2人で楽しむワンバウンドボレー
向かい合ってボレーの要領でワンバウンドさせる。(かけ足、ジャンプ、身体の回転、身体のまわりでラケットを回したり、足の間をくぐらせたり、上に投げ上げたり、投げたあと手を身体の前でたたいたり、足の間でたたいたり、身体の後でたたいたりしてからボールを打って相手にワンバウンドでボールを送る。)
(3)親子テニス大会
年2回、親子テニス大会を行い、親子がお互いに助け合って、楽しいプレーをします。
それまでに、審判が出来る様にルールについて一通り学びます。試合中に素晴らしいプレーが出来た時は思わず心が一つになり「タッチ」がみられます。時にはコート上で言い合いますが、先ず試合をする上でルールを理解して、審判も行い進行に協力します。
(4)大会に出場
日頃の練習の成果を発表する場として大会に出場し、他のジュニアクラブの方々と対戦します。背中にゼッケンを付けて、とても緊張します。大会に出場する事によって、次の課題が見つかり次の練習の課題や目標が出来るので頑張る源です。技術の向上が次第に高まっていることを実感しています。

よくある質問

ラケットでボールを打つ時のタイミングがうまくいかないのですが?
ボールの落下点の予測やバウンドの理解が出来ないためにボールを待てなかったり待ち過ぎたりして、バウンドした地点に近過ぎるあるいは遠すぎるところで処理してしまう。それでは打点が一定せず、リズミカルなスイングが出来ないからです。

連絡先

きよねスポーツクラブ
 〒719−1172
 岡山県総社市清音軽部666−6
 NPO法人 きよね夢てらす
 TEL(0866)92−0355
 FAX(0866)92−0365

活動場所

総社市清音ふるさとふれあい広場テニスコート
岡山県総社市清音三因1070

ページTOPへ